月別アーカイブ: 2016年3月

3/18

10 Cloverfield Lane

クローバーフィールドと同様、公開されるまで内容がなかなか明かされないようで、この紹介文を見る限りだと、サイコスリラーで「自分が病気でした」みたいな結末だったらやだなと思いましたが、どうやら違うみたいです。それなら面白そうです。

精神疾患的な映画は、制作側が見る側の視点を無視することで目先の意外性を得ようとしたりするので、好意的になる理由(好きな俳優/女優がいるとか映画監督のファン)がなければ、読み込むのに疲れたり、自己中心的なやり方が気に入らず、結果見るのをやめてしまいます。あれというのは、制作側が見る側の忍耐をエクスプロイトしているのだと思います。しばしば天才肌、芸術家肌の気難しい制作陣はそういうことをしてきますが、見る側からするとハードルを上げて見ざるをえません。芸術家には自信家も多いから、そういう映画はいつも何かしら現れてきてます。見る側に媚びる必要はないでしょうが、見る側は自分の表象のうちに映画の世界を読み込んで形成していき、そこから楽しめるとか感動しただとか、怖かったとか思うのだということは留意してもらいたいものです。

 

 

3/13

http://www.hb-nippon.com/senbatsu2016/

yagura春の選抜高校野球の組み合わせが決まりました。春に強い東邦や例年強いと言われている大阪桐蔭が優勝候補のようですね。北海道代表も夏よりは春のほうが勝てている印象なので、頑張ってもらいたいです。初戦が関東大会の優勝校で、2戦目はおそらく近畿大会優勝の大阪桐蔭なので、昨年もやった勝ち抜き方程式は、0.4*0.4=0.16.ベスト8確率は16パーセント。そこまでいけば勢いもあるでしょうから、あとの試合は0.48くらいの確率を付与すると、優勝確率は1.7パーセント(大会前における優勝の確率)になります。きっといけるでしょう。

 

3/2

ファイターズとジャイアンツのオープン戦を観戦。

そこで何年か前のドラフト一位・斉藤投手のピッチングを見ました。周りで見てた人も同じ感想だったのですが、リリースのときに100%の力を出せているようには見えないという印象でした。肩をかばっているのか、故障の再発が気になるのか。

高校のときよりスピードがなくなり、コントロールも悪くなっているということは、何かの故障かそれをかばっているのではないかと思います。

見たところ変化球のキレはよく、二の腕から指先にかけては故障もなく、センスの良さを示しているようです。

こういう場合、昔からサイドスローへの転向が処方箋として出されてきました。私もそれをすすめたいです。サイドのほうが肩への負担は少ないです。ボールの威力は落ちますが、変化球でプロの打者から空振りを取れる投手ですから、キレのいい変化球とまっすぐを決めていけば簡単には打たれないです。