月別アーカイブ: 2014年9月

9/9

最近になって、ヘビーメタルが再び盛り上がってきているのを知りました。

「+アイドル」で本当に何とかなるのなら、ファンクも何とかならないものかという考えが頭をよぎりました。典型的なスタイルというのが意外にはっきりしていないのが困りもので、ロックバンドのように「ああ、あれね」と説明できる映像があまりありません。ジェームズブラウンは一つのジャンルという感じですし、思ったほどその後のグループが踏襲していないようです。また、メンバーに口うるさく指示する姿勢、時々(うるさく指示した結果、自分好みになった)バンドの音に聴き入って歌うのを忘れるなどの様子をフリだけで再現するのは難しいかもしれません。

ではPファンクか?

私は好きですが、老人中心の編成で、高齢化の波が押し寄せているのは否めないなという印象です。女性陣は、伝統的にアダルトで歌唱力が相当ある人たちが選ばれます。10代のアイドルがうまくこの中にはまるかどうか。

ではロジャー/ザップか?

キーボード弾きながらパーティを盛り上げる、これならあるいはどうだろうか。

モーリス・デイ/ TIMEか?


これが受けても私自身がどう楽しんでいいのかよくわからないのが難点でしょうか。でも鏡のくだりはいつみてもいいですね。

ロジャー +アイドルなんかいいんじゃないかなと、私は思います。

9/7

5日にボクシングの世界戦がありましたね。

八重樫さんの戦績

を見ると、相手が強くても、勝機があると思わせるのに十分でした。

それを踏まえると、ローマン・ゴンサレスの強さが分かります。熱心なファンの間では数年前の初来日のときから、騒がれていたらしいです。私は新井田戦を見ましたが、やはり素晴らしい内容でした。新井田選手はタイトル7度防衛の強豪で、果敢な戦いをゴンサレスに挑みました。

 

4ラウンドで試合は終わりましたが、新井田選手の強さとゴンサレスの圧倒的な強さが同時に見られた試合でした。会場のどよめきが印象的です。これが2008年。すでにゴンサレスは少し違った強さを持っていると思われていたのですね。私も見ていていかにも頭一つ抜け出た強豪だな~と思いました。

八重樫戦では、さらに強くなった気がします。八重樫さんは素晴らしい戦いを見せてくれたと思います。