カテゴリー別アーカイブ: 未分類

先日埋め込んだボクシング動画はたちまち削除されてしまいましたので、今日は自分でアップしたものを。

タリプ・オズカンの「コログル」です。トルコの弦楽器奏者のたいへん偉い方だそうです。コログルは伝説的義賊だそうです。帰りの列車の中でずっと聞いてました。いつ聞いても士気が上がる音楽です。

4/28 NFLドラフト

この季節になると、全問正解目指してNFLドラフトクイズに応募します。

今年は1巡1位指名権を持つブラウンズが、QBベイカー・メイフィールドを指名。いきなり外しました。ハイズマン賞の受賞者なので、当然予想される選手だったのですが、今年トップ評価のRBバークレーを1巡1位、豊作といわれるQBのだれかを1巡4位で指名するのではという予想をしてました。QBにもタイプがありますから、チームに合う選手を選ぶということなのでしょう。指名の一報のときは「0勝16敗のチームにフィットするも何もないだろうが」と思いましたが、チームの方針だから仕方ないですわね。と自分に言い聞かせながらも「弱いチームにフィットする選手を選んだら、弱いままなんじゃないのか」という思いもぶり返してきて、いずれにしても、なぜブラウンズのこの動きをなぜ予想できなかったのかといろいろと振り返っていました。私がブラウンズにとって良かれと思って選んだせいかもしれません。ブラウンズならどう考えるかというやり方は例年しないのですが、そういう考えでいけば、一番欲しい選手を最初に確保し、次にその時点でチームに一番必要であろう選手(CBがニーズだったそうです)を指名する、これはそうだろうなと思います。このような方針だったとすると、今年のブラウンズは相当慎重になっていたのではないでしょうか。どんな不確実性も消して確保したい、そう思わせる選手が、メイフィールドだということでしょう。あからさまなCBへのニーズをドラフトで埋めるという考えも、選手が流動的なNFLではやや消極的とも見える指名です。絶対失敗できない、という思いが見え隠れするような気がします。

指名当てクイズにおいて、上位の指名は一番当てやすいところなので、ここを外すのは実に痛い。ただ今年は下位の指名で偶然当たりを引きました。昨年はシカゴのまさかのトレードアップにやられ、今年はブラウンズが必要以上にプレッシャーを感じて冒険しなかったためにやられました。ブラウンズは近年、カーソン・ウェンツ(イーグルス)、デショーン・ワトソン(テキサンズ)などの有望株を次々に見送ってきた歴史があるので、重圧を感じるのも無理はないのかなと思います。

2/17

ファンク3つ。Morris Day。The Time とかプリンスバンドとして有名な人です。ゴージャスなこの感じが一般の人がイメージするファンクのようです。かっこいいです。このこってりとしてずんずん前に来る感じ。正直私は苦手です。ただ、とてもかっこいいと思います。

2012年もMorrisは前進を止めていません。ずんずん来てます。全開です。

比較の意味でZAPPのRoger。フィジカルがすごいと前にも書いたのですが、Morris Dayと比べると、なんというんですか、気持ちクールなんじゃないでしょうか。ショー100%でなくて、若干ミュージシャンシップみたいなものを表現しているというんですか。うまくいえませんが。

最後は、私の好きなP-Funk軍団、Skeet Curtisのベースソロです。私が高校~大学ぐらいのときにPFunk再評価の波があったせいか、私はそちらに慣れているようです。

聴き入ってしまいます。Dr.Funkensteinのユーモラスなスペースオペラショーの中にこういう場面があって、それがいいなと思います。
3つみてみましたが「全開」ファンクの派手さはやはりいいと思います。

10/8

高校生の食事をヘルシーにしたら、これでは足りないと生徒たちが抗議したそうです。
http://www.nytimes.com/2012/10/06/nyregion/healthier-school-lunches-face-student-rejection.html
運動部の人は700KCALでは足りないのかもしれません。

私は昼は軽めなので、それぐらいでもまったく問題ないです。朝と夜は普通です。
「3000KCALを越えるのは、環境高負荷人間(国)なので罰するべきだ」と私は冗談で言っていますが、環境云々言っていて平気で越えてくる人はどうかな~と思います。

8/10

消費税関連法案通りましたね。非常によかったと思います。難しい与野党協議をまとめた人たちもよく頑張ったのではないでしょうか。買い物客がかわいそうだなどと言っているより数段立派です。

これで、増税移行期の景気対策、産業振興などを打ち出せない政治家の出る幕がなくなりました。このような節目を設けないことには、いつまでも、無料券を発行するというような低レベルの景気対策で目先の票を集めようとする人々がいなくなりません。

この国が自分でつくりださなければ明日は来ない。インフレ率目標の設定もそうでしょうが、国土計画が絶対に必要だと思います。

ところで、消費税増税のように、この国のことを考えるなら実のところ誰が考えても必然であるような政策でさえ、必死で反対する人たちがいるわけです。どんな人でしょうか? この国のことを憎んでいる人々、そのような人々から政治献金を受け取っている人々、こうした人々はたしかに反対するでしょう。

まともな思考力をしていれば、プライマリバランスの改善措置としての増税は必須、一時的な財政出動などで、いかにして、それを緩和するだけでなく、増税のマイナスを補って余りあるくらいの成長につなげることを構想することに頭を悩ますものです。

この国を憎む人々にとって消費増税法案は、憤りをもって迎えられるでしょうが、私はいいます。「よいではないですか。この国の繁栄は地球の繁栄でもあるのだから」。自分の国を繁栄させることもできずに世界に貢献はできはしない。日本人はまず自分の国を繁栄させることを考えるべきである。