3/2

ファイターズとジャイアンツのオープン戦を観戦。

そこで何年か前のドラフト一位・斉藤投手のピッチングを見ました。周りで見てた人も同じ感想だったのですが、リリースのときに100%の力を出せているようには見えないという印象でした。肩をかばっているのか、故障の再発が気になるのか。

高校のときよりスピードがなくなり、コントロールも悪くなっているということは、何かの故障かそれをかばっているのではないかと思います。

見たところ変化球のキレはよく、二の腕から指先にかけては故障もなく、センスの良さを示しているようです。

こういう場合、昔からサイドスローへの転向が処方箋として出されてきました。私もそれをすすめたいです。サイドのほうが肩への負担は少ないです。ボールの威力は落ちますが、変化球でプロの打者から空振りを取れる投手ですから、キレのいい変化球とまっすぐを決めていけば簡単には打たれないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.