9/13

How much longer can Germany keep its doors open to refugees?

シリアからの避難民の問題が有名になり、広い文脈で理解され始めると、原因を放置して受け入れるをするとかしないとかいうことだけ考えていてよいのかという雰囲気になってきました。典型的なのはトルコ、ヨルダン、レバノンなどにすでにシリア難民が100万人以上いるということで、そこから見ると、ヨーロッパで何人受け入れるかということは、問題のごく一部だというのが理解できます。つまりは、欧州が避難民を数万人受け入れたとしても、劇的に危機が緩和されるわけではないことが分かります。

日本としては、首相が提唱していた中東支援のプログラムがあったかと思うので、そのような支援の枠組みの中において、避難者の支援ないしは救出/受け入れというのを考えることができると思います。それには広範な社会インフラ支援なども含まれていたはずで、場合によっては避難民数人を慣れない環境に受け入れるより効果が期待できる支援策もあるかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.