6/28

Greek debt crisis: What the Greek papers say

“The big dilemma” runs the headline in Ethnos (in Greek), a centrist newspaper. “The Greek people will have to say ‘yes’ or ‘no’ to Europe,” the editorial says, rather than to any particular bailout proposals.

国民投票は、EUを出るか出ないかにするべきという論調です。私もそのように思いました。EUとの交渉のために選ばれた政権なのですから、煩雑な支援条件について国民に決めなさいというのも二度手間です(専門スキルの必要な交渉ごとを任せているのに、その問題を投げ返される)。一時しのぎの支援を受け入れた上で、辞職して総選挙、EUに残るかどうか国民投票。EUに残るか否かをはっきりしないと、ギリシアの側としても交渉は難しいでしょう。その選択は交渉に大きく影響します。人は、大方針が決まると、落ち着きが出て、問題に勇気をもって対処し始めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.