2/18

Gaps in France’s Surveillance Are Clear; Solutions Aren’t

フランステロ事件の分析です。

“You can’t follow everyone,” フランスの元情報機関の人。

“given what we know, and what the French knew then, these guys should have been high on any list. Especially since they seemed to have all the warning signs: travel to the region, a prison record, a social media profile. What more did they need?” アメリカの元テロ対策担当の人。

ざっと読んだところ、地元では情報がないし、電話の盗聴はある程度予測されていて、動きをつかみにくいと考えているようです。

一度はアメリカの渡航禁止リストに入り、フランスの要注意リストでのランクも上がったものの、ISの台頭とともに優先度が下がった。

In early 2012, after United States counterterrorism officials had done more analysis on Saïd Kouachi and discovered Chérif’s record in France, Chérif was added to the same American no-fly and counterterrorism lists. Again, the French were informed.

But both Kouachis gradually slipped down the priority list as the authorities scrambled to deal with the largely unforeseen effects of the civil war in Syria and the rise of the Islamic State. The number of French fighters returning from Syria was climbing rapidly: Some 1,400 people in France are believed to have either joined the jihadist cause in Syria and Iraq or sought to do so.

読んでいると、状況が急速に複雑化したのが大きな要因で、情報機関のテロ対策自体は機能しているのだなと思います。シリアやイラクなどへの出入国審査を厳しくするなどの予防的措置を取るという段階では、行政機関の課題ということになるのでしょう。状況を複雑化させないためには、政治の役割が大きいと思います。無差別的な銃撃、イスラム国と結びついたテロなどが懸念されているときに、緊急避難的措置を取るのか、それともなんだかよくわからない原則のために、状況を複雑化させて危険を増大させるかという選択になると思われます。後者の場合に、警察や軍隊が眠ることなく働かされて、あげくにテロ抑止のためにケガをしたりしたら、私にすれば、それは政治によって生じたものだと考えたくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.