9/25

Islamic State に対する国際社会の行動が本格化してきました。空爆が中心になっているようです。国際社会の治安の維持にとっては、軍事的手段含め様々な手段を取ることは当然あり得ますが、最終的な目的が秩序の回復ということが忘れられてはならないでしょう。

軍事的支援は、行政能力を持った組織以外にはすべきでないと思います。

反政府テロ組織とかゲリラを支援するくらいなら、ミャンマーのような形での政治体制の変革のほうが望ましいように思います。

もっとも治安とか秩序という目的をそもそも認識していないのでは、多様性文化論的な「完全に的外れな政治介入」の結果、政治混迷と停滞、失望からくる暴力的組織の活発化ということになります。地球人お得意のマザコン文化論は、治安を確立してからおやりなさい、私は読まないけどね。ということでしょう。

http://www.bbc.com/news/world-middle-east-29074514

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.