7/20 将棋電王戦

電王戦の特別編を観戦。昔のソフトは相矢倉でよく端歩を受けて、棒銀を決めやすかったものですが、最近は違います。57手目46歩は急所を狙い鋭そうな手です。ただそこで脇システムの有名な手筋16角が利けば、私の好きな脇システムの宣伝になったのですが。

75手目96歩の局面。放送のコメントで45歩の指摘がありましたが、私も自分ならそれを指したいと思って見ていました。35金は今一つ、43金引きには53成り銀がありそうです。そこで強く同金と取ると思いますが、53角成りから54馬と攻防に引ければ。67角成りが怖い手で、そこで69金で耐えていれば、45歩と指すと思います。96歩は玉を広げてよさそうな手でした。実戦は43金、44歩同金、51銀と進行しました。歩切れをどうみるか。

次は終盤。もし序盤で16角同歩が入っていれば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.