12/27

「田中投手のMLB移籍」

中期的な視点で振り返ってみると、初期に成功したお二人は、

野茂さん:(リーグ内のポジション:1流の中でもさらにすごいと思われている、大衆性:人気はあったが実力ほどではない、所属チーム:さして人気なし)

イチローさん:(リーグ内のポジション:1流の中でもさらにすごいと思われている、大衆性:人気はあった、所属チーム:さして人気なし)

この2人はリーグで相手がいないくらいの実力者でしたが、NPB自体の柱というほどではなかったように思います。なぜなら、不人気チームにいたこと、そしてその当時はMLB流出選手が少なく、影響が軽微だったからと思われます。

松井さんのときに構図が変化したと私は考えます。

松井さん:(リーグ内のポジション:1流の中でもさらにすごいと思われている、大衆性:人気は絶大で野茂さんやイチローさんをしのいでいる、所属チーム:老舗の人気球団)

MLBでいえばチッパージョーンズやジーターのような選手が、さしたる代償もなくMLBに移籍したことは大きかったと思います。当時私は引退寸前でもいいから代わりにMLBの大物選手を取ってほしいと思っていました。MLBの選手はたしかに来て、実力もあったのですが、残念なことに知名度がそれほどでもなく、NPBのまさに中心選手が流失した影響が大きくなりました。

これ以降は、選手のMLB指向は、「君がどうしてもNPBに必要なんだ」といった理由では引き止めにくくなりました。松井以上に必要だった選手はいないでしょうからそうなるのです。球界もそれに応じて別の方法を考えているはずです。

そして田中選手は、その流れに位置しています。移籍が決まってよかったと思います。1年余計にいてグッズをいくらか売り上げても、上述の構図にはさしたる影響はないでしょう。MLBへの移籍指向は今後も変わらないものとして、NPBをどうやって盛り上げるかが大きな課題だと思います。四国リーグは、実はすごいことなんじゃないかと私は思っています。ドラフトにかからない人や途中で自由契約になった人が再挑戦でき、NPB志望者を維持し増やせる可能性があります。加えて今は、さいわい周辺国から結構いい選手がやってくるので、MLB以外のプロリーグを振興するために、特定の選手の引き止めでなく、仕組み的なところで頑張って欲しいと思います。

話はそれますが、最近のNPBの好投手は、いとも簡単に防御率1点台をたたき出します。これなどは選手流出の影響を感じずにはいられません。スキルや経験を蓄積した野手が不足しているのではないかと考えられます。相撲と同じで、海外から選手が来るのはいいですが、国内での育成を疎かにすることは絶対にできません。地元のファンというのは、誰でもいいから人が棒振り回してれば喜ぶなんてものじゃないからです。そしてその人たちが離れれば、継続的な興業も難しいのではないでしょうか。「会いに行けるアイドル」じゃないですが、プロスポーツの世界も選手のプロフィールやストーリーがどうでもいいわけではありません。スターに仕立てる工夫も必要かもしれませんが、やはりいい選手がどんどん出てくる環境づくりが必要で、そこからあるいは少子化対策・子育て支援なんて話にもなるかもしれません。野球チームが直接することではないですが、CSRなどでの方針にはそういうところも間接的にかかわってきます。

なので自分に手が届かないといって考えを打ち切るのは、ちょっともったいないと思います。NPBが盛り上がるといいなとなれば、必ずしも野球だけではない少年少女スポーツの支援・応援みたいなところまで話が広がっていく可能性もあり、それなら自分でもとなるかもしれません。

投げやりな姿勢では、何かを最初に目についたものを閉鎖するぐらいのことしかなかなか思いつけません。願望には、考えを持続させる力があります。目につきにくい可能性を見つけるのはやはり願望する力によるところが大きいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.