12/2

竜王戦が終了した結果、今年森内名人は、羽生、渡辺両三冠を制しての勝利を果たしたことになりました(両三冠は4人しかいない中学生プロ棋士)。勝ち方にも特徴があり、羽生戦では作戦面で翻弄した感があり、渡辺戦では矢倉一本の力勝負を制した感があります。体調の良さを自ら語られていましたが、そのとおりかもしれません。こういっては何ですが、森内さんは何年前かにも突然怒涛の進撃を開始し、誰も止められない状態になったことがありました。ふだんマイクアピールばかりしている人なら、勝ち始めてやっと言行一致に近づいたなくらいの感想ですが、物静かそうな人が、いきなり進撃開始されると、見ている側も何が起きているのか分かりかねることがあります。好調だということを気づかせないで番勝負に臨むあたり、戦略家ぶりがうかがえます。

それはともかく、森内竜王名人が誕生。また怒涛の進撃が開始されるのでしょうか(相手はたまったものではありませんが)。別の角度からみると現在の将棋界は、羽生、渡辺、森内だけで占められており、3強を誰が崩すかという点にも興味を引かれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.