4/30

棋聖戦の挑戦者が決まりました。若い中村さんが初めてのタイトル挑戦。

http://live.shogi.or.jp/kisei/kifu/83/kisei201204260101.html

挑戦者決定戦は、横歩取りから駆け引きらしきものがあり、後手は52玉型に構えました。銀が外側に開き防御が弱くなっているようですが、案外バランスのいい形です。

深浦中村の将棋棋聖戦の盤面
深浦中村の将棋棋聖戦の盤面

画像は24手目。36歩と突いた先手、後手の飛車を狙う後手といったところです。巧拙を別にしてポイントになるのは後手の23銀で、こう指すと22銀に戻すことはほぼ不可能になります。52玉型の後手はよくこの銀を指して前へ繰り出してきます。早めに3筋の歩を敢えて取らせているため、こうした動きを取りやすいのだそうです。

本局は玉の薄い戦いにどちらともなく持ち込んだ印象でした。先手中村さんの飛車がつかまらず、先手が最後はやや差をつけて勝ちました。

広瀬さん豊島さんに続いて若い挑戦者です。楽しみですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.