5/5 コンピュータ将棋選手権

電王戦から間もないので、話題に乗って観戦しました。

http://live.computer-shogi.org/wcsc23/

戦型はわりと普通の定跡形もあるんだな~というのが感想です。優勝したボナンザは、ツツカナ戦で普通の四間飛車を指してました。角道を止める普通の四間飛車は、統計的には勝率が下がり気味の戦法ですが、平然と指されてみると、戦法としてはまだまだやれるのかもしれないと思います。全般的にソフトの指し方は、自分の指した手を生かすことよりは、そのときそのときで一番価値の高い手を指すことを選ぶようです。一局を振り返って、無駄手が減ってきたら、強さに加え、勝ち方に鮮やかさみたいなものが出てくるように思います。強い棋士は、序盤から無駄手が少なく、棋譜を並べていて素晴らしいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.