2/17

G7、G20も終わり、当たり前の金融緩和が当たり前のこととして通るということが確認されたようです。それはそうでしょう。固定相場採用国が地球上から全てなくなる前にする議論とは思えません。思い出したのが、プラハ合意の時期のこの国です。プラハ合意というのは人為的に円高をつくり出す、為替操作措置でした。この国はそうした人為的操作にも応じて協調してきました。またその時期には首相が、1人100ドル外国製品購入運動などを唱えました。これらは内需拡大努力です。

こうした努力を思い返すにつき、新興国は固定相場やドルペッグ制を直ちに止め、内需転換のペースを上げないといけないと感じました。外需依存の国々は、内需をもっと拡大することで、世界経済の急変に対してある程度の抵抗力を持つことができるようになります。※ドイツのような超先進国がいまだに外需比率が高いのには少し驚きました。どんな要因があるのでしょうか。

・TPP参加は避けられない

プラハ合意などは、日本経済にとっては大きな転換点であり、その効果には長短入り混じっているとはいえ、避けられない変化であったと考えられます。TPPもそのような変化の1つだと私は思っています。アメリカとEUのFTA協議が始まろうとする現在、その流れは世界の新たなプラットフォームになることは明白です。遅かれ早かれその中に入るのなら、今から準備をしたほうがいい。予想されるネガティブなショックにはカウンターポリシーを用意しておくのです。

意味と認識~理論の展開空間の構成~相対性理論の観念的理解について他1篇へのリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.