11/3

懐かしいMick KarnのThundergirl Mutationです。曲もタイトルもかっこいいです。1アルバムに1曲、爆発的な曲を入れる人のようで、このアルバムtooth mother でもこの曲以外は静かです。David Tornのギター、プロデュースにより、新たな 境地を開いたそうです。制作陣がこの曲で感じたであろう手応え、よくわかる気がします。一方でCMPのような実験的な制作会社ではよくあることながら手応えとセールスのギャップがあとになって分かり、不思議なものだと首をひねることになります。しかし、世間には売れなかったかもしれませんが、私には大いに売れました。学生の頃はCMPレーベルに随分お世話になったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.