4/13

テーマ変更して、初めのスマートフォン投稿。陽動振り飛車を指すことの裏には、通常の振り飛車の飛車を振るタイミングがやや早いという意識があるのではないか。矢倉37銀の駒組を相手に飛車を振れるなら、それは振り飛車としては指せる局面にしやすいだろう。なので、居飛車党がひねり飛車や陽動振り飛車を用いるのは、普通に振り飛車にするのは、形を決めすぎという意識があると思うのだが、それでも微差ではあるが少し苦しい感覚がある。ひねり飛車は、玉がやや薄い。陽動振り飛車は、84歩が負担になる。普通の振り飛車より良くなるかどうかはわからない。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.