9/2

何の気なしに低予算映画をみていると、視聴者の声を聞きすぎているのではないかと思うことがあります。一般視聴者というのは製作者と違い、映画という結果が現れて初めて判断を開始するのが常ですから、その判断は、この場面はいらないとか、こんなことをするくらいならあれと取り換えたほうがいい、というものになちがちです。低予算映画の多くの場面は、見方によってはあってもなくても大筋に影響ないでしょうが、だからといってそれを全部取ってしまったら、それでいいものになるのか? 最近見た例では、あまりにも単調なものになってしまい、「視聴者のいうとおり無駄をそぎ落とした」からといって、面白くなるわけではないなと改めて思いました。視聴者の声は方向性を定める上では確かに参考になりますが、個々の制作の場面では、その声はあまり助けにはならないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.