5/27

将棋の大山升田戦の棋譜を並べていると、5不突き矢倉があった。私は、初期のゲームソフト相手によくこうした形を指していたので懐かしかった。角を換えない角換わりと思ってくれれば、おおかたイメージできると思う。駒組は窮屈だが、攻撃態勢をうまくつくれると、いっぺんに駒が捌ける。

将棋の駒組においては、角の使い方がポイントになりやすい。角を狙われて戦いにくくなることがしばしばある。角換わりは、角を早々に駒台に載せてしまおうという戦法だ。これは理にかなっているが、相手の角打ちを常に警戒する必要もでてくる。

一度33銀と上がり、角と銀を被らせてから銀を引いたり引き角にしたり、あるいは、すぐに44角と出ることもある。いろいろできる戦法だが、先手が25歩としてくれるほうが助かる。最近は25歩を保留することが多いのでやりづらい。単に33を上がると、そこをつかれてしまいそうだ。

しかし、棋譜を並べていると何か工夫すれば指せるような気がするのが不思議だ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.