4/28 NFLドラフト

この季節になると、全問正解目指してNFLドラフトクイズに応募します。

今年は1巡1位指名権を持つブラウンズが、QBベイカー・メイフィールドを指名。いきなり外しました。ハイズマン賞の受賞者なので、当然予想される選手だったのですが、今年トップ評価のRBバークレーを1巡1位、豊作といわれるQBのだれかを1巡4位で指名するのではという予想をしてました。QBにもタイプがありますから、チームに合う選手を選ぶということなのでしょう。指名の一報のときは「0勝16敗のチームにフィットするも何もないだろうが」と思いましたが、チームの方針だから仕方ないですわね。と自分に言い聞かせながらも「弱いチームにフィットする選手を選んだら、弱いままなんじゃないのか」という思いもぶり返してきて、いずれにしても、なぜブラウンズのこの動きをなぜ予想できなかったのかといろいろと振り返っていました。私がブラウンズにとって良かれと思って選んだせいかもしれません。ブラウンズならどう考えるかというやり方は例年しないのですが、そういう考えでいけば、一番欲しい選手を最初に確保し、次にその時点でチームに一番必要であろう選手(CBがニーズだったそうです)を指名する、これはそうだろうなと思います。このような方針だったとすると、今年のブラウンズは相当慎重になっていたのではないでしょうか。どんな不確実性も消して確保したい、そう思わせる選手が、メイフィールドだということでしょう。あからさまなCBへのニーズをドラフトで埋めるという考えも、選手が流動的なNFLではやや消極的とも見える指名です。絶対失敗できない、という思いが見え隠れするような気がします。

指名当てクイズにおいて、上位の指名は一番当てやすいところなので、ここを外すのは実に痛い。ただ今年は下位の指名で偶然当たりを引きました。昨年はシカゴのまさかのトレードアップにやられ、今年はブラウンズが必要以上にプレッシャーを感じて冒険しなかったためにやられました。ブラウンズは近年、カーソン・ウェンツ(イーグルス)、デショーン・ワトソン(テキサンズ)などの有望株を次々に見送ってきた歴史があるので、重圧を感じるのも無理はないのかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.