2-18

将棋の朝日杯で、藤井さんが優勝しました。中学生で優勝とはすごいことです。準決勝、決勝といずれも先手番から攻めて勝ったようです。

さて、広瀬さんとの決勝は、私も昔から好きな、角がわり腰掛け銀という由緒ある戦型になりました。この将棋を見てましたが、プロが後手でこの形にするということは、この将棋の後手の待ち方が今のところ良いとされているのだと推測します。少し指しにくさを感じる形で、玉が4筋にいるときに仕掛けられるのも、これが後手最善だとしても、自信のない展開です。もともと、角がわり後手は、受けになりがちですが、こう指さなければならないのだとしたら厳しいなと思います。65歩突いて待つ形などではだめなのでしょうか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.