7/10

ワーストサメ映画の動画を見ていたら、偶然将棋三間飛車のトマホーク戦法なる戦法を見つけました。三間飛車側が玉側の桂を端にはねていくという戦法らしいです。本まで出てるらしいです。知りませんでした。
居飛車の感覚からするとふつうの三間飛車になったとたん、指し手の力が同じなら7割くらいは勝てそうなイメージがあります。
考え方は藤井システム同様のようで、居飛車が穴熊にしようとするところを、桂馬と、左側の銀、そして角を使って攻め込もうというものです。こういう指し方があるのなら、三間飛車も面白いかもしれません。ただ、桂は不可逆駒ですから、端に跳ねるタイミングに気を使いそうです。
居飛車を持っていたら、じっくり指して悪くはならないという印象を受けます。三間飛車はこの動きを見せることで、居飛車の攻めを誘発したいところです。やはり端桂を跳ねずに誘うのが理想だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.