6-24

EU leaders call for UK to leave as soon as possible

http://www.theguardian.com/politics/2016/jun/24/europe-plunged-crisis-britain-votes-leave-eu-european-union

見出しのEU リーダーとかいう人々の態度は、もちろん本気で引き留めようという人間の態度ではない。イギリスの離脱の理由は、EU の官僚体質、常態化した無能無策、また移民、難民問題のように、自分の無能の結果起きた大混乱の責任を他に転嫁する低次元の人間性にある。これらが不信任をつきつけられたのが、今回のレファレンダムだと言える。

しかし、EU のような組織は、おそらく、ふつうの感覚の地球市民の想像を超えた役立たずなので、失敗を周囲の無理解のせいにして、多分、さらに無能無策を推し進める方向に動くと思う。周囲が自分を分からないなら、分からせてやろうということだ。結果として、私たちは、彼らのインポテントぶりを、さらに見せられることになる。

おそらく組織構造の問題が含まれるので、改善は困難だろう。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.