6-9

イギリスのEU 離脱

経済的マイナスとされるものが、どれほどか分からないが、いわゆるイギリスのEU 改革をめぐる交渉の顛末を見れば、答えは明らかに思える。かなりの交渉力を持つ国の意見でさえ、お情けの譲歩を得ただけだった。離脱のレファレンダムまで準備して、その結果。EU に自己変革は不可能なのである。

色で表現するとヨーロッパは色取り取り、EU はどぶねずみ一色である。私はEU 官僚、要人を一人一人見分けようという気になれない。EU 離脱は大事だが、そうなったら 個人的には応援しましょう。応援の気持ちを抱いて、しばらく過ごそうと思います。届いてくれればよいのですが。

今のEU は自由な国の連合体というより、官僚機構が自存し、自分に権力を集めたがっているように見える。EU でなくヨーロッパを選ぶべきだと私は思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.