4/17

去年かおととしに、元巨人の桑田が東大野球部を指導して(結果は知らんですが、まあ知れてるでしょう)、また最近になって東大野球部が強いと面白いと言っている人がいるらしいです。まだ東大OBは世間にちやほやされたいと子どもじみたことを思っているのでしょうか。まったく。選手としては大学に入ってからうまくなろうとするよりは、高校のときから始めたほうがよいのは明らかですから、進学校や普通校にもいい指導者を供給できるよう努力してもらうほうが多分いいと思うのですが、彼らは大学生よりも高校生よりも、OBたる自分がちやほやされたいみたいですから、今さらのように東大野球部のてこ入れを図るのではないかと思います。それも地味に、現実に選手を強くするのでなく、メディアや世間に応援してくれという種類のテコ入れのようですが・・・。

もっとも、駅伝のように大学入学後頭角を現す人もいるだろうし、指導者になれる人が増えることになればいいこととは思うのですが、何もまわりがゲタをはかせて、紙吹雪を撒いてあげることはないでしょう。それに東大の野球部出身者が、高校や中学の野球部の指導者になるとは思えず、そこに投資する必要あるのか、ちょっと疑問です。

桑田指導の放送を見ると、野球部の人たちは、相手の六大学の選手の経歴・実力などいろいろ分かっているので、「最後は根性」みたいな結論に至っていて、ちょっと期待したのと違ったなと感じたのを覚えています。一応は天気とか打球の飛ぶ方向の確率分布だとか「がり勉テイスト」みたいなのを出して一笑いとってから、気合、気迫と行ってほしかったなと。率直にいえば、それで勝てるんなら、私でもやれる自信があります。勉強、分析、嫌いではないですから。

高校レベルなら、普通校、進学校も練習の仕方次第で予選上位の常連になります。着目すべきはこの事実です。私の地元札幌では、札幌南という有数の進学校が野球でもなかなか強いことで知られています。ちなみに私の母校かどうか忘れかかってますが札幌西にはいいグラウンドがあります。練習法を開発すれば、チャンスはきっとあると思います。

でかい顔をしてさんざん世間に迷惑をかけている東大OBが、弱小野球部を盾に弱者グループに入ろうなどというのは笑わせることです。京大のアメフト部は強豪ですが、そもそもこんな「弱小野球部のジャイアントキリング」みたいな物語を持ち出すことはなかったと記憶してます。進学系がその理由で応援されるのは高校まで。あそこは、学生はいいけどOBはだめなんですかね。相当勉強しても、官僚機構とか学会とかで頭押さえられるから、何か性格がゆがむんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.